*

弁護士費用特約

弁護士費用特約は、何に使えるのかあまりわかっていない人が多い特約の代表格かもしれません。
弁護士なんて使うことがないと思うかもしれませんが、実は入れておいて損はない特約です。

弁護士費用特約は、契約した車の事故で、相手に損害賠償請求をするために弁護士費用や法律費用がかかったときの費用が支払われます。

弁護士費用

Image courtesy of Ambro / FreeDigitalPhotos.net

通常、自動車保険に加入していれば、示談交渉は保険会社にお任せだと思います。
相手方と直接交渉することは面倒ですし、原則として保険会社同士での話し合いとなることが普通です。

ただし、自分に過失が全くない10:0の事故の場合、例えば信号待ちで完全に停車しているときに後ろから追突されたようなもらい事故の場合は、保険会社が相手方と示談交渉することができません。

その場合は、自分で相手方保険会社などと交渉しなければならず、自分は一切悪くもないのに、時間も心理的な負担も被ってしまうことになります。

そのような場合に有効なのが、この弁護士費用特約で、弁護士に示談交渉を丸投げすることができるようになりますので、時間を取られることも、相手側の保険会社に丸め込まれる恐れもなくなるわけです。

その他にも、あまりないことですが相手方が保険会社との交渉を拒否したときなどにも、弁護士に間に入ってもらうこともできます。

「もらい事故」自体は、約3件に1件の割合で発生しているという保険会社の統計もありますので、決して自分には起こらないと言い切れるものではありません。
何と言っても、自分がどんなに気をつけていても、追突は避けようがありません。

特約としての保険料の増加は、正直それほど高いものではありませんので、弁護士費用の特約はつけておくことをお勧めします。

336

関連記事

自動車保険

自動車保険の加入率

日本損害保険協会によって、自動車保険の加入率が発表されています。 個人的には、自動車保険(任意保険

記事を読む

シェア

保険会社のシェア

自動車保険は損害保険会社によって販売されていますが、市場規模の縮小などを背景にして、たびたびの合併、

記事を読む

補償額

自動車保険の補償額は?

自動車保険は、他人に対する賠償責任や、自分や家族、同乗者の傷害、車の損害等の補償を組み合わせた保険で

記事を読む

代理店

代理店の選び方

ダイレクト系しか考えていない方はスルーで。 ちょっと古い知恵袋の回答です。 おすすめの保険会社な

記事を読む

人身傷害

人身傷害保険の補償額

人身傷害保険では、契約した保険金額を上限として、実際の損害額の保険金を受け取ることができます。 実

記事を読む

自動車 使用目的

自動車の使用目的

年間の走行距離によって保険料を割り引く保険会社もありますが、現状では、車の使用目的として「日常・レジ

記事を読む

保険会社

ダイレクト型か代理店型か?

自動車保険を扱っている保険会社には大きく分けて「代理店型」と「ダイレクト型」があります。 代理

記事を読む

リスク細分型

リスク細分型自動車保険

自動車保険は、リスク(危険度)に応じて、リスクの低い人は保険料が安く、リスクの高い人は保険料が高くな

記事を読む

車両保険

車両保険の補償額

車両保険の補償額については色々と考え方があると思いますが、個人的には設定できる最高額での加入をお勧め

記事を読む

自動車保険の見積り

自動車保険の見積り

自動車保険は通常1年契約なので、毎年見直すことも可能です。 ほとんどの方は一度加入してしまうと、そ

記事を読む

336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

336

シェア
自動車取得税の廃止

自動車保険とは関係ありませんが、自動車取得税が2015年に廃止されます

ロードサービス
自動車保険会社のロードサービスとJAFの違い

自動車保険会社のロードサービスは、以前は車両保険に加入している場合だけ

代理店
代理店の選び方

ダイレクト系しか考えていない方はスルーで。 ちょっと古い知恵袋の回答

事故
事故の被害者になったら

事故で被害者になった場合でも、基本的には加害者になってしまった場合と同

代理店
自動車保険の代理店

自動車保険は、最近では電話やWEBでの通販契約のダイレクト系が増えてい

→もっと見る

PAGE TOP ↑