*

リスク細分型自動車保険

自動車保険は、リスク(危険度)に応じて、リスクの低い人は保険料が安く、リスクの高い人は保険料が高くなっています。

リスク細分型

これは、自動車保険に限ったことではなく、生命保険などでも年齢や性別で保険料が変わりますが、そもそも保険の考え方として、契約者の「公平性」が求められますので当たり前ではあります。
すぐ事故を起こす人が、全く事故を起こさない人と同じ保険料であったら、事故を起こさない人はたまったものではありません(契約者が持ち寄った保険料を、事故があった場合に支払いますので、支払いが多ければ保険料が高くなっていきます)。
自動車保険については、自由化される以前も年齢条件や車種、事故歴(等級)で、リスクに応じた保険料が設定されていましたので、人によって保険料は違いましたが、どこの保険会社で加入しても基本的に同じでした。

1998年に自動車保険が自由化されてから(まあ外圧です)、保険会社ごとに保険料の違いが出たことと同時に、さらに設定できるリスク区分が細分化されました。
当初は外資系保険会社の代名詞のような「リスク細分型」ですが、現在は国内保険会社も程度の差はあれこのタイプを販売しています。

保険業法では、年齢、性別、運転歴、車の使用目的、走行距離、地域、車の種別、安全装置の有無、所有台数の9つの状況で保険料に差をつけることが認められています。
わかりやすいところでは、ゴールド免許割引やエアバッグやイモビライザー割引がありますね。

通販型ダイレクト保険などでは、特にリスクが低い「個人」で「年間走行距離が少なく」、「等級」も進んでいて「ゴールド免許」で「年齢」も高く(高すぎるとダメです)、「事故率の低い車種」の人は優遇されて保険料は安くなります。
保険会社の人件費などにあたる付加保険料もダイレクト通販で少なくしていることもあると思いますが、テレビコマーシャルやラジオコマーシャルなどで出てくる保険料例を見れば、よくわかると思います。
30歳、ゴールド免許、20等級、ホンダフィットとかですので。

ちょうど当てはまる人は良いのですが、逆に言えば、はまらない人は安くはない場合があると言うことです。
つまり、加入者は総じて「リスクが低い人」だと言うことなので、保険金の支払額も少なく、保険会社も利益が出ると言うことでしょう。
最近出たセゾンの「おとなの自動車保険」が最たるもので、40代、50代だけを集めている保険です。

ただ、保険加入者は、そんなリスクが低い人ばかりではありません。
リスクが高い人は、リスクが低い人が安い分、保険料は以前より高くなっていると言うことになります。
そうでないと「公平性」が保てませんので。

とは言っても、実際にはダイレクト系の保険会社にリスクが高いと考えられている「法人名義」での契約をしたいと問い合わせても門前払いされます。
それはそれで本当に公平なのかちょっと疑問です。

336

関連記事

車両保険

車両保険の補償額

車両保険の補償額については色々と考え方があると思いますが、個人的には設定できる最高額での加入をお勧め

記事を読む

保険会社

ダイレクト型か代理店型か?

自動車保険を扱っている保険会社には大きく分けて「代理店型」と「ダイレクト型」があります。 代理

記事を読む

代理店

自動車保険の代理店

自動車保険は、最近では電話やWEBでの通販契約のダイレクト系が増えていますが、契約数、保険料売上とも

記事を読む

補償額

自動車保険の補償額は?

自動車保険は、他人に対する賠償責任や、自分や家族、同乗者の傷害、車の損害等の補償を組み合わせた保険で

記事を読む

人身傷害

人身傷害保険の補償額

人身傷害保険では、契約した保険金額を上限として、実際の損害額の保険金を受け取ることができます。 実

記事を読む

シェア

保険会社のシェア

自動車保険は損害保険会社によって販売されていますが、市場規模の縮小などを背景にして、たびたびの合併、

記事を読む

自動車保険

自動車保険の加入率

日本損害保険協会によって、自動車保険の加入率が発表されています。 個人的には、自動車保険(任意保険

記事を読む

車両保険

車両保険の免責金額

車両保険に加入するときには免責金額を設定する必要があります。 免責とは、 責任を免じること。債務

記事を読む

自動車 使用目的

自動車の使用目的

年間の走行距離によって保険料を割り引く保険会社もありますが、現状では、車の使用目的として「日常・レジ

記事を読む

代理店

代理店の選び方

ダイレクト系しか考えていない方はスルーで。 ちょっと古い知恵袋の回答です。 おすすめの保険会社な

記事を読む

336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

336

シェア
自動車取得税の廃止

自動車保険とは関係ありませんが、自動車取得税が2015年に廃止されます

ロードサービス
自動車保険会社のロードサービスとJAFの違い

自動車保険会社のロードサービスは、以前は車両保険に加入している場合だけ

代理店
代理店の選び方

ダイレクト系しか考えていない方はスルーで。 ちょっと古い知恵袋の回答

事故
事故の被害者になったら

事故で被害者になった場合でも、基本的には加害者になってしまった場合と同

代理店
自動車保険の代理店

自動車保険は、最近では電話やWEBでの通販契約のダイレクト系が増えてい

→もっと見る

PAGE TOP ↑