*

事故の被害者になったら

事故で被害者になった場合でも、基本的には加害者になってしまった場合と同じように負傷者の救護などを行う必要があります。

ただし、被害者の場合は特に現場の保全目撃者を探すことが重要になってきます。

お互いに動いていた場合には、過失割合が生じますので、どのような事故であったかは過失割合を決めるにあたり非常に重要です。

例えば、自分が赤信号で完全に停止した状態で、後ろから追突されたような場合は、一般的には過失が全くありませんが、少しでも動いていた、または急ブレーキをかけたなどと相手が主張した場合には、お互いの主張が食い違い、示談までに時間がかかったり、不利な割合で示談をすることになったりしてしまいます。
そのような場合でも、目撃者がいたり、現場に追突した側だけのブレーキ痕などがあれば、正しい判断ができることになります。
ドライブレコーダーを付けておくことも証拠になりますので良いと思います。

とにかく、特に被害者の場合は、自分に不利にならないようにしないと、さらに嫌な思いをする可能性がありますので、自分のためにできることをしましょう。

事故

自分が怪我をして救急車で病院に直行という場合以外は、被害者側、加害者側にかかわらず、まず負傷者がいないかどうかを確認して、負傷者がいれば救急車を呼ぶなどの救護活動を優先しなければなりません。

その後に、発煙筒や停止表示板などで、後続車へ注意を促して、二次被害の起きないようにします。
車が動かせる場合は、極力交通の妨げにならない路肩などに寄せた方が良いですが、完全に道路を塞いでいるような場合以外は、警察が来てから動かした方が間違いありません。
事前に動かさざるを得ない場合は、現場の写真を数枚撮ってから動かしたほうが良いでしょう。

警察への通報は、必ずするようにしてください。
軽微な事故の場合には、加害者側が警察を呼ばずに済ませたいと言う場合もありますが、警察への届けがないと保険金が出ないこともありますし、後日相手が全く違う主張をしてもめる可能性もあります。

加害者の氏名、住所、連絡先を確認するときは、免許証など間違いのないもので確認をするようにします。
警察が入っていれば嘘をつかれるようなこともないですが、咄嗟にごまかそうとする人もいますので…

その後、警察の実況見分中などに保険会社にも事故報告を入れてください。
保険会社の事故受付電話番号は保険証券などに記載されていますが、持っていなくても保険会社のHPにたいてい載っています。
証券番号もわかった方が話が早いので、保険証券(ドライバーカードでも)は車検証入れなどに入れておいた方が良いでしょう。

警察の実況見分では、目撃者がいれば証言をしてもらいます。
なので、事故直後に目撃者が分かっている場合は、残ってもらうように頼みましょう。

怪我をしていればもちろんですが、外傷がなくても、現場では少なからず興奮していますので気がつかなかったりしますが、首が痛いなどの症状が翌日に出る場合がありますので、少しでも異常があれば病院で診察を受けます。
交通事故の場合は、健康保険は使わずに、対人賠償保険などの保険、もしくは加害者が支払うことになりますが、さしあたっての費用は負担する必要があります。
ただし、保険会社が病院に直接支払うこともありますので、保険会社に確認をしてください。

336

関連記事

人身事故

人身事故を起こしてしまったら

事故を起こしたくて起こす人もいない(実際はいますが...)と思いますが、事故、特に相手に怪我などをさ

記事を読む

物損事故

物損事故を起こした場合

追突、衝突などで、怪我人はいなくても他車や他人の所有物を壊してしまうこともあると思います。

記事を読む

336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

336

シェア
自動車取得税の廃止

自動車保険とは関係ありませんが、自動車取得税が2015年に廃止されます

ロードサービス
自動車保険会社のロードサービスとJAFの違い

自動車保険会社のロードサービスは、以前は車両保険に加入している場合だけ

代理店
代理店の選び方

ダイレクト系しか考えていない方はスルーで。 ちょっと古い知恵袋の回答

事故
事故の被害者になったら

事故で被害者になった場合でも、基本的には加害者になってしまった場合と同

代理店
自動車保険の代理店

自動車保険は、最近では電話やWEBでの通販契約のダイレクト系が増えてい

→もっと見る

PAGE TOP ↑