*

車両保険の補償額

車両保険の補償額については色々と考え方があると思いますが、個人的には設定できる最高額での加入をお勧めしています。

事故有等級が導入されたこともあって、10万程度の損害では車両保険に加入していても使わない方が得なケースも多々あると思いますが、一番困ることは全損や全損にはならないにしても50万、100万クラスの事故になってしまった時には車両保険に入っていないと、最悪車のローンだけが残ってしまうようなことにもなりかねません。

車両保険

たとえば、9月に発売されたホンダのフィット3ハイブリッド(GP5)では、車両保険金額を145万から215万までの間で設定できますが、145万で契約してしまえば全損でも145万しか出ません(他に費用が出る場合もありますが)。

215万で契約していれば、不足する部分もあるかもしれませんが、新車に買い替えることも可能でしょう。

東京海上日動の6S等級新規、35歳以上免許証ブルー、免責0-10万円の一般条件で計算すると、車両部分は保険金額215万で80,100円、145万で75,420円ですので年間4,680円しか変わりません。
等級が進んでいればさらに差額は少なくなります。

とは言っても、車両保険は高額です。
同条件で対人、対物無制限、人身傷害3000万円だけなら57,920円なので、車両保険だけで軽くオーバーします。
「保険料は安くしたい、でも車両保険ももしもの時のために入れたい。」
そう考えて相談すると、大体はエコノミー(車対車+A)を勧められるでしょう。
同じく車両215万、免責0-10で37,090円に激減します。

ただし、自爆や他車との事故でも相手が確認できなければ一切支払われませんので、入っていないことと一緒になります。
相手がわかりませんので、当て逃げも出ません。

それであれば、一般条件のままで、免責金額を引き上げた方が良いと個人的には考えています。
215万の免責20万にすれば、一般条件で33,940円で、これであれば、自爆でも当て逃げでも支払われます。

ただ、免責金額が最初から20万ありますので、大損害以外は一切使わないことが前提です。
その分支払いのリスクが少なくなるために保険料も安くなっていると言うことです。

免責金額を設定していても、全損の場合は保険金額が支払われ、免責金額は引かれませんので、全損の時しか使わないと考えて加入している人もいます。

ちなみに、全損とは修理金額の見積りが保険金額を超えてしまう場合と、物理的に修理できない場合です。
ちょっと年数がたった輸入車などは、正直すぐに全損になってしまいます。
盗難されて発見されない時も全損扱いです。

新車(新車登録後25ヶ月以内)に限っては新価特約という特約があり、半損以上で設定した「新価」が支払われるというものもあります。

336

関連記事

年齢条件

年齢条件と運転者の範囲

リスクの判断材料として、運転者の年齢があります。 記名被保険者の年齢を基準にしますが、

記事を読む

自動車保険の見積り

自動車保険の見積り

自動車保険は通常1年契約なので、毎年見直すことも可能です。 ほとんどの方は一度加入してしまうと、そ

記事を読む

自動車保険

自動車保険の加入率

日本損害保険協会によって、自動車保険の加入率が発表されています。 個人的には、自動車保険(任意保険

記事を読む

補償額

自動車保険の補償額は?

自動車保険は、他人に対する賠償責任や、自分や家族、同乗者の傷害、車の損害等の補償を組み合わせた保険で

記事を読む

リスク細分型

リスク細分型自動車保険

自動車保険は、リスク(危険度)に応じて、リスクの低い人は保険料が安く、リスクの高い人は保険料が高くな

記事を読む

人身傷害

人身傷害保険の補償額

人身傷害保険では、契約した保険金額を上限として、実際の損害額の保険金を受け取ることができます。 実

記事を読む

保険会社

ダイレクト型か代理店型か?

自動車保険を扱っている保険会社には大きく分けて「代理店型」と「ダイレクト型」があります。 代理

記事を読む

シェア

保険会社のシェア

自動車保険は損害保険会社によって販売されていますが、市場規模の縮小などを背景にして、たびたびの合併、

記事を読む

車両保険

車両保険の免責金額

車両保険に加入するときには免責金額を設定する必要があります。 免責とは、 責任を免じること。債務

記事を読む

弁護士費用

弁護士費用特約

弁護士費用特約は、何に使えるのかあまりわかっていない人が多い特約の代表格かもしれません。 弁護士な

記事を読む

336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

336

シェア
自動車取得税の廃止

自動車保険とは関係ありませんが、自動車取得税が2015年に廃止されます

ロードサービス
自動車保険会社のロードサービスとJAFの違い

自動車保険会社のロードサービスは、以前は車両保険に加入している場合だけ

代理店
代理店の選び方

ダイレクト系しか考えていない方はスルーで。 ちょっと古い知恵袋の回答

事故
事故の被害者になったら

事故で被害者になった場合でも、基本的には加害者になってしまった場合と同

代理店
自動車保険の代理店

自動車保険は、最近では電話やWEBでの通販契約のダイレクト系が増えてい

→もっと見る

PAGE TOP ↑