*

自動車保険の補償額は?

自動車保険は、他人に対する賠償責任や、自分や家族、同乗者の傷害、車の損害等の補償を組み合わせた保険ですので、補償額は自分で決められる部分もあります。
それぞれの内容について、おすすめの補償内容をご案内します。

対人賠償責任保険

事故を起こしてしまった場合に、相手を死傷させてしまった場合に支払われる保険で、最も重要な部分と言えるでしょう。
判例では、男性29歳の会社員の後遺障害事故に対して、3億8281万円の損害賠償が認められたケースもあり、普通の人ではとてもではありませんが、支払うことはできません。
支払うことができないと言うことは、被害者にもさらに迷惑がかかってしまいますので、対人賠償保険は「無制限」以外には考えられません。

保険金額を1億円などに下げることは可能ですが、保険料は1,000円程度しか安くなりません。

対物賠償責任保険

事故で、他人の「物」に損害を与えた場合に支払われる保険です。
「物」には、相手の車はもちろん、店舗や家、電車なども含まれ、タクシーやバスなどでは営業できない期間の休業補償や、店舗などでは休業補償に加えて破棄しなければならなくなった商品や従業員の給料も含まれますので、賠償額が高額になることもあります。
実際に、車との接触事故で店舗に突っ込んだ事故で1億3580万の損害額が認定された判例もあります。

対人は無制限にしていても、対物に関しては数千万で設定している方も多く、代理店に任せている人の場合では知らずに万全だと思っているケースもあるようです。

対物賠償保険も、リスクを考えれば「無制限」しかないでしょう。

補償額

こんな車に追突したら結構洒落になりません。

搭乗者傷害保険

対人、対物は、相手に与えた損害を賠償する補償ですが、搭乗者傷害は、事故を起こした時に自車に乗っていた人を補償する保険です。
自分側の補償なので、「賠償」ではなく「傷害」保険になります。

運転者はもちろん、同乗していた家族、友人・知人などの他人も全て補償され、自車単独事故や、停車中の車に追突したなどの過失100%の事故でも支払われます。

人身傷害保険が無かった時代は、当たり前の補償でしたが、人身傷害と重複する部分が多いため、保険会社によっては外すこともできます。

以前は、入院や通院の日額いくらで保険金が出ていましたが、現在は部位・症状別の傷害一時金が出ることがメインです。
保険金額は1000万円程度で契約するケースが多いですが、人身傷害をちゃんと入れておけばほとんど必要はありません。

人身傷害保険と車両保険は、長くなったので次回に。

336

関連記事

自動車保険

自動車保険の加入率

日本損害保険協会によって、自動車保険の加入率が発表されています。 個人的には、自動車保険(任意保険

記事を読む

年齢条件

年齢条件と運転者の範囲

リスクの判断材料として、運転者の年齢があります。 記名被保険者の年齢を基準にしますが、

記事を読む

シェア

保険会社のシェア

自動車保険は損害保険会社によって販売されていますが、市場規模の縮小などを背景にして、たびたびの合併、

記事を読む

弁護士費用

弁護士費用特約

弁護士費用特約は、何に使えるのかあまりわかっていない人が多い特約の代表格かもしれません。 弁護士な

記事を読む

人身傷害

人身傷害保険の補償額

人身傷害保険では、契約した保険金額を上限として、実際の損害額の保険金を受け取ることができます。 実

記事を読む

自動車 使用目的

自動車の使用目的

年間の走行距離によって保険料を割り引く保険会社もありますが、現状では、車の使用目的として「日常・レジ

記事を読む

代理店

自動車保険の代理店

自動車保険は、最近では電話やWEBでの通販契約のダイレクト系が増えていますが、契約数、保険料売上とも

記事を読む

保険会社

ダイレクト型か代理店型か?

自動車保険を扱っている保険会社には大きく分けて「代理店型」と「ダイレクト型」があります。 代理

記事を読む

自動車保険の見積り

自動車保険の見積り

自動車保険は通常1年契約なので、毎年見直すことも可能です。 ほとんどの方は一度加入してしまうと、そ

記事を読む

車両保険

車両保険の補償額

車両保険の補償額については色々と考え方があると思いますが、個人的には設定できる最高額での加入をお勧め

記事を読む

336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

336

シェア
自動車取得税の廃止

自動車保険とは関係ありませんが、自動車取得税が2015年に廃止されます

ロードサービス
自動車保険会社のロードサービスとJAFの違い

自動車保険会社のロードサービスは、以前は車両保険に加入している場合だけ

代理店
代理店の選び方

ダイレクト系しか考えていない方はスルーで。 ちょっと古い知恵袋の回答

事故
事故の被害者になったら

事故で被害者になった場合でも、基本的には加害者になってしまった場合と同

代理店
自動車保険の代理店

自動車保険は、最近では電話やWEBでの通販契約のダイレクト系が増えてい

→もっと見る

PAGE TOP ↑