*

物損事故を起こした場合

追突、衝突などで、怪我人はいなくても他車や他人の所有物を壊してしまうこともあると思います。

物損事故

相手の車にぶつけてしまったときは、怪我人がいなければ救急車を呼ぶ必要は当然ありません。
大きな事故であれば、自分で通報しなくても誰かが警察に110番通報するものですが、気をつけなくてはならないのは、小さな、軽微な接触などで警察を呼ばないことです。

それほどの損害が出ていない場合は、ぶつけられた側からその場で数万円の金額での示談を持ちかけられることがあります。
それで示談金として支払ってしまった場合は、その金額は後日保険会社に届出をしたとしても支払われません。
また、それほど悪い人ばかりではありませんが、中には、後で「首が痛い」などの理由で通院代や慰謝料を請求されることがあります。
この場合も、事前に保険会社への報告をしていないと、認められないことがあります。

物損事故の場合も、基本的には必ず警察に通報をして、事故証明が取れるようにしておきます。
相手が警察を呼びたくないというケースもありますが、その場合は必ず保険会社に事故報告をして、その旨を相談してください。
事前に報告をしておけば、警察の事故証明が無くても保険の支払い対象になるケースもありますし、示談交渉も保険会社に任せることができます。

その場で勝手に示談をしてしまうことは、先に書いた通り保険会社には認められません。
また、自分の車も相手の車も、保険会社の了解前に修理に取り掛かってしまうと、認められない部分が出ることがありますので、工場に預けた場合も保険修理であることを工場側に伝えて着工は保険会社からの連絡があってからにしてもらう必要があります。
普通の工場は何も言わなくてもわかりますが。

相手の車がいる場合で、お互い少しでも動いていた場合は「過失割合」が発生しますので、全面的に自分が悪いと思っていたようなケースでも自分80:相手20などになることがあります。
その場合は、相手車の損害額が50万円だっととしても対物で支払われる保険金は40万円になりますので、相手によってはもめることもあります。

ただ、保険会社に示談交渉を一任してしまっていれば、自分では特に何か交渉をしなければならないことはありません。示談が長引いたとしても例えば車両保険を使って自分の車を修理してしまうことは可能です。

相手が車でない場合、壁や門などを壊してしまった場合も、基本的な流れは同じですが、相手が物なので過失は100%自分になります。

保険を使ってしまうと3等級下がってしまうので、それほどの損害金額でない場合は保険を使わないということもあるかもしれませんが、その場合でも相手がいれば保険会社に示談交渉を依頼したうえで保険金を請求しないということもできます。
保険金の請求をしなければ、等級は下がりませんので、事故を起こしてしまったら、まずは保険会社に報告を入れましょう。

336

関連記事

人身事故

人身事故を起こしてしまったら

事故を起こしたくて起こす人もいない(実際はいますが...)と思いますが、事故、特に相手に怪我などをさ

記事を読む

事故

事故の被害者になったら

事故で被害者になった場合でも、基本的には加害者になってしまった場合と同じように負傷者の救護などを行う

記事を読む

336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

336

シェア
自動車取得税の廃止

自動車保険とは関係ありませんが、自動車取得税が2015年に廃止されます

ロードサービス
自動車保険会社のロードサービスとJAFの違い

自動車保険会社のロードサービスは、以前は車両保険に加入している場合だけ

代理店
代理店の選び方

ダイレクト系しか考えていない方はスルーで。 ちょっと古い知恵袋の回答

事故
事故の被害者になったら

事故で被害者になった場合でも、基本的には加害者になってしまった場合と同

代理店
自動車保険の代理店

自動車保険は、最近では電話やWEBでの通販契約のダイレクト系が増えてい

→もっと見る

PAGE TOP ↑