*

弁護士費用特約

弁護士費用特約は、何に使えるのかあまりわかっていない人が多い特約の代表格かもしれません。 弁護士なんて使うことがないと思うかもしれませんが、実は入れておいて損はない特約です。 弁護士費用特約は、契

続きを見る

年齢条件と運転者の範囲

リスクの判断材料として、運転者の年齢があります。 記名被保険者の年齢を基準にしますが、同居の家族で運転をする一番若い人がカバーできる条件で契約をしないと、事故が起きたときに支払いを受けら

続きを見る

車両保険の免責金額

車両保険に加入するときには免責金額を設定する必要があります。 免責とは、 責任を免じること。債務者が債務を免れること。 と、辞書にありますが、つまり保険金額の中で免責金額分は保険会社に責任が

続きを見る

搭乗者傷害保険

契約している車に乗車中の人が、事故で死傷した場合に、契約時に設定した金額が支払われます。 同じ自車乗車中に適用される人身傷害保険は保険金額を上限に実損額が支払われますが、搭乗者傷害は契約時の定額で、

続きを見る

リスク細分型自動車保険

自動車保険は、リスク(危険度)に応じて、リスクの低い人は保険料が安く、リスクの高い人は保険料が高くなっています。 これは、自動車保険に限ったことではなく、生命保険などでも年齢や性別で保険料が

続きを見る

ダイレクト型か代理店型か?

自動車保険を扱っている保険会社には大きく分けて「代理店型」と「ダイレクト型」があります。 代理店型は、これまでの普通の保険契約形態で、たとえば車を購入したディーラーなどで加入する場合、ディーラー

続きを見る

ロードサービス

契約した自動車が、事故や故障などによって走行不能になったときにレッカー搬送や、応急措置(バッテリージャンピングなど)を行います。 以前は、車両保険加入車両のみが対象だったこともありましたが、現在

続きを見る

車両保険

被保険自動車が、衝突や接触などの事故によって損害を受けた場合に保険金が支払われます。 保険金額は、好きな金額を設定できるわけではなく、保険会社により「保険価額」が車種ごとに決められていますので、その

続きを見る

人身傷害保険

車の運行が原因の事故などで負った、怪我の治療費などや死亡による逸失利益などを、過失割合にかかわらず、1名につき保険金額を限度に実際の損害額の保険金が支払われます。 対人賠償や対物賠償は、他人に対して

続きを見る

ノンフリート等級別割引・割増制度の改定

10月に改定された等級制度について詳しく書いてみたいと思います。 はっきり言って愚痴です。 最大の改定点は「事故あり」と言う考え方が導入されたことです。 これまでも事故を起こして保険を使うと

続きを見る

336

シェア
自動車取得税の廃止

自動車保険とは関係ありませんが、自動車取得税が2015年に廃止されます

ロードサービス
自動車保険会社のロードサービスとJAFの違い

自動車保険会社のロードサービスは、以前は車両保険に加入している場合だけ

代理店
代理店の選び方

ダイレクト系しか考えていない方はスルーで。 ちょっと古い知恵袋の回答

事故
事故の被害者になったら

事故で被害者になった場合でも、基本的には加害者になってしまった場合と同

代理店
自動車保険の代理店

自動車保険は、最近では電話やWEBでの通販契約のダイレクト系が増えてい

→もっと見る

PAGE TOP ↑